映画

獄友

獄友 “冤罪青春グラフィティ” 獄友 やっていないのに、殺人犯。 人生のほとんどを獄中で過ごした男たち。 彼らは言う「“不運”だったけど、“不幸”ではない」。 ...
詳細をみる

袴田巖 夢の間の世の中

袴田巖 夢の間の世の中 さて、私も冤罪ながら死刑囚 全身にしみわたって来る悲しみにたえつつ生きなければならない そして死刑執行という未知のものに対するはてしない恐怖が 私心をたとえようもなく冷たくする ...
詳細をみる

SAYAMA

SAYAMA 「みえない手錠をはずすまで」
殺人犯とされて51年---
泣き 笑い 怒り 日々を"凛"と生き抜くふたりの物語
2014年毎日映画コンクールドキュメンタリー映画賞受賞 ...
詳細をみる

空想劇場

空想劇場 ドキュメンタリー映画
「空想劇場」〜若竹ミュージカル物語〜「歌はへた、踊りもいまいち、でもなんだか感動する!」
そんな“若竹ミュージカル”の不思議な魅力がいっぱいつまった
ドキュ ...
詳細をみる

花はんめ

花はんめ 川崎のさくらもとに住むハンメ(在日のおばあちゃん)たちの、せつなくも、まぶしい物語。
舞台は、神奈川県川崎市桜本界隈。
在日韓国・朝鮮人が多く暮らす街。
そして描かれるのは、在日 ...
詳細をみる

New プロジェクト

冤罪音楽プロジェクト イノセンス

非人間的な裁判はおかしいと、 27名のアーティストが集まった。 谷川俊太郎さんの言葉を節にして吠えた。 理不尽に向かって・・・・・。 冤罪音 ...
詳細をみる

ひで子と早智子 〜雪冤という生き方を選んだ家族たち〜

袴田事件、袴田巖さんの姉、秀子さん。そして狭山事件、石川一雄さんの妻、早智子さん。冤罪を訴える姿はニュースでよく見かける。その姿は悲痛で悲し ...
詳細をみる

植村牧場 〜小さな街の牧童たち〜

明治16年から奈良の中心で牧場を営む植村牧場。4代目牧場主黒瀬礼子さんは30年前、人手不足から当時の養護学校卒業生3人を採用した。その試みは ...
詳細をみる

さくらもと或いはルーツ 〜在日はなぜ在日しているのか〜

1997年、在日の視点から戦後50年を振り返った記録映画「在日」の製作に関わり、その後2004年、川崎桜本に住む在日1世のおばあちゃんたちの ...
詳細をみる

TV&PR

にっぽんトレッキング100秋SP 歩いてしか行けない!絶景の秘湯

全国の魅力的なトレッキングコースと楽しさ ...
続きを読む

ツムラ120周年記念〜漢方にできること〜

「漢方医学と西洋医学の融合により世界で類 ...
続きを読む

ムーダン〜受け継がれる民俗文化〜

ムーダンとは朝鮮における女巫。いわゆる神 ...
続きを読む

2・8 独立宣言

朝鮮3・1独立運動の導火線となったことで ...
続きを読む

Profile

2013年6月、映画、テレビ、PRなどの映像製作を目的とした
Kimoon Film 合同会社を設立しました。

長年フリーランスという立場で多くの作品を作って来ましたが
”ものづくりの拠点”を作ることで
さらに映像の持つ可能性を探っていきたいと思います。

自由な発想でやりたいことを仕事にする場を
一緒に作っていければと願っています。

どうぞよろしくお願いします。

Kimoon Film 金聖雄

金 聖雄​

プロフィール

1963年大阪・鶴橋に生まれる。大学卒業後(株)リクルート勤務。その後自分で商売をはじめるが失敗。
「何か?やりたい、出来るんだ」という想いを胸にくすぶらせながら、東京へ…。
料理写真家の助手を経験後、助監督になる。
1993年からフリーの演出家としてスタート、2013年にキムーンフィルム設立。
PR映像やドキュメンタリー、テレビ番組など幅広く手がけるなか映画製作にも挑戦。
2004年、在日1世のおばあちゃんの日常を4年間追いかけたドキュメンタリー映画「花はんめ」を監督。キネマ旬報文化映画9位。
2011年「空想劇場」。
2013年「SAYAMAみえない手錠をはずすまで」完成、毎日映画ドキュメンタリー映画賞受賞、キネマ旬報文化映画3位。池田人権映画祭 最優秀賞。
2016年「袴田巖 夢の間の世の中」。日隅一雄 情報流通促進賞。
2018年最新作「獄友」、キネマ旬報文化映画5位。
次回作を準備中。

作品歴(脚本・監督)

ドキュメンタリー映画

「在日〜戦後在日50年史」(監督補)、「ムーダン〜受けつがれる民俗文化」 「花はんめ」(2004年)、「空想劇場〜若竹ミュージカル物語」(2012年) 「SAYAMAみえない手錠をはずすまで」(2013年)キネマ旬報文化映画第3位 毎日映画ドキュメンタリー賞、池田人権映画祭 最優秀賞 「袴田巖 夢の間の世の中」(2016年)日隅一雄 情報流通促進賞 「獄友」(2018年)キネマ旬報文化映画第5位

PR作品

「東京ドームへの闘い」(日本通運)、「酪農王国の人々〜牛飼いたちの物語」 「人、街、地球」35mフィルム作品(大阪ガス)「漢方にできること」(ツムラ) 「物流ってなあに」(物流博物館)など

ビデオ作品

「シリーズ人権ってなあに?」女性編、部落編、アイヌ編、野宿生活者編、 在日編、障害者編、メッセージ編など全13本 「語る」(被差別部落)、 「2・8独立宣言」、「武州鼻緒騒動」など

テレビ番組

【NHKその他】 「宮崎駿の妖怪〜日本人の忘れもの」、「トレッキング紀行」、「熱中時間」、「里山の音景色」、「課外授業ようこそ先輩」、「世界虫ムシ大紀行」、「日本の現場」、「羽田空港大百科AtoZ」、「淑女のカガミ」、「旅のチカラ」、「地球ドキュメントミッション」、「被災地からの声」「獄友たちの日々」など
その他「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」(テレビ東京)など

Contact

Kimoon Film

TEL : 042-316-5567
FAX : 042-316-5882

メールでのお問い合わせは以下のアドレスへお送りください。

info⭐︎kimoon.net

(⭐︎を@に変えてください)